意外と見えてないかも。本物の車両通行止め標識はどっち?

生活
2013.07.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

運転免許を持っていれば知っているはず。車に乗っていれば見ているはずの標識。

さて本物はどっちでしょう?直感でどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしたか?

 

間違えてしまったあなたは運転に集中できていないかも。見ているのに覚えていないということは、関心をもって見ていないということかもしれません。

 

例えば前方に道路を横断する自転車を見つけたとき、「自転車がいるな」と見るだけなのか、「よろけて転倒するかもしれない」と関心をもって見ているのか。こういった状況では、関心をもって見ることでブレーキに足を置くなどの早めの回避行動をとることができます。

 

交通事故統計によると、安全不確認が原因ものが約31%(平成24年)あるそうです。注意して見ることで、こういった事故をなくして行きましょう。

 

 

 

今日も無事故でいこう!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安全性優良事業所