輸送品質を高める!事故に学び、明日の安全に生かす

ニュース
2013.06.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月19日午後 コーケン産業オフィスにて

岐阜県のある大手企業A社様が輸送品質の維持向上のため、コーケン産業に来社されました。協力会社として過去の事故事例を共有して頂きました。

物的、または人的に損害を与えた時の運転者の責任は大きく、運送会社として事故を見つめ、それを起こさないための取り組みは非常に重要なことだと感じています。

例えば交通事故の原因は「運転中に飲み物を取るために一瞬だけ脇見をしてしまった。」などその時はあまり気にせずとってしまった行動かもしれない。でもそういったヒューマンエラーから発生する交通事故がもっとも多く危険。

このような事故原因を作らないために、過去の事故から学び、実践していくことも続けていかなくてはなりません。

 

 

 

事故を撲滅し輸送品質を高める

 

接触事故、輸送中の荷崩れ、フォークリフトで運搬中の製品転倒などの事例をもとに「起こってしまった原因は何だったのか?」「そして二度と発生させないために、このような対策を講じていく」と真剣にお伝え頂きました。

 

 

そして、こちらも真剣に聞いてます。

 

 

 

事故事例、具体的な発生防止対策の共有まで社内だけでは得られない貴重な情報、しっかりと活用させて頂きます。またコーケン産業での安全に対する取り組みもお話しさせて頂くなど有意義な時間だったと思います。

ありがとうございました。

 

さぁ明日も無事故でいこう!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安全性優良事業所